フラットにしておく|住む地域の環境に適した家を作る|注文住宅で木材を使う

住む地域の環境に適した家を作る|注文住宅で木材を使う

家と人

フラットにしておく

一軒家

移住希望者が絶えない

西東京市は自然が溢れた地域で、春から秋にかけてキャンプ場に訪れる人たちでにぎわっている。環境が良好で空気も最高に良く、子育てしやすい場所としても注目されていて移住希望者も絶えない。西東京市の地盤は比較的しっかりとしているため、住宅を建てる場所としてもふさわしいと言われている。ただ場所によって盛土されている影響でやわらかいところとかたいところがあり、ムラが出るので注意が必要だ。そのような土地は普通に生活しているだけでもズレが生じて、次第にドアや窓が開けにくくなるなど不具合が表れはじめることもある。最悪な事態にならないためにも地盤が安定していない土地は地盤を改良して、フラットにしておくべきである。

知っておくこと

西東京市は東京の中では土地代は安いが、部分的に意表をつかれるくらい高いところもある。土地が高いところは駅から近く環境に恵まれている場所など、なんらかの理由があるとされている。また西東京市はほかに比べると著しく開発が遅れている地域なので、土地を買うときは宅地まで電気やガス、水道などライフラインが通っているかチェックしておかなくてはならない。まれではあるが、わざわざこれらを引かなくてはならないこともあり、莫大な工事費用がかかってしまうこともある。土地の所有がどこからどこまでか、境界線をはっきりさせておくことも肝心なことである。あとあと近隣とトラブルになることもあるので、必ず知っておかなくてならない。